融資が受けにくい[既存不適格]

既存不適格

「既存不適格物件はやめたほうがいい」とよくネットにも掲載されていたりします。「既存不適格」とは?

建物を建築するときに規制する法律で建築基準法がありますが、立地によって建築できる規模が異なったりします。この法律に違法する建物を「既存不適格」といわれています。こういった物件は比較的築年数が経過していたり、建築後に法令の改正によって既存不適格になったりと色々です。容積オーバー物件や竣工後に車庫を事務所に変更している物件なども多くあります。基本的に融資を受けて購入するケースが多い為、容積オーバーの割合などにも左右されますが、基本的に融資は厳しめになるため現金購入することもあります。立地が良ければ土地だけの売却や再建築なども可能になるのでいろいろな用途で検討しています。